dtvの流れる生活

dtv
dtvで配信されている映画『かもめ食堂』は、フィンランドの首都ヘルシンキで食堂を営むサチエ(小林聡美)と、日本人旅行者や現地の人々との交流を描いた物語です。入り組んだストーリーではなく驚くような展開もありまんせんが、日々の仕事、会話、日常の中で起きるちょっとしたハプニングなどが丁寧に描写された作品です。好き嫌いは分かれる映画かもしれませんが、私はこの映画の世界観が大好きで過去に何度かレンタルDVDで鑑賞しました。
dtvの配信ラインナップに『かもめ食堂』が追加されているのに気がついた時には本当に嬉しい気持ちになりました。レンタルショップまで足を運んで返却期限を気にしながら慌てて鑑賞したり、高価なDVDを購入したりせずに好きな作品を観られるのは本当にありがたいことです。
dtvは好きな作品を何度でも好きなだけ観られるので、私はBGM代わりにお気に入りの作品を流しておくということもよくやります。絹さやの筋取りだとか取れかけたボタンを縫い付けるだとか、そういった日々の雑事も傍らに『かもめ食堂』を流しながらすると何となく愛おしいような、幸せな時間のように感じるから不思議です。
清々しく時に可笑しさもある音楽や、穏やかだけれど意志のある凛とした台詞を聴きながら手を動かす。ふと手を休めて画面に眼をやると、ヘルシンキの美しい町並みや北欧テイストの素敵な食堂でテキパキと働く気持ちの良い人々がいる。dtvから流れるそんな世界を眺めながら、私の生活もまた流れていきます。

飲食店ホールでのむくみ!解消されないマッサージ

飲食店むくみ

バイトで飲食店のホールをやっているのですが、
一日ずっと休めなくて立ちっぱなしの日は、
夜家に帰るころには下半身全体がダルさとむくんでいる感覚が酷くなります。

ちょっとマッサージをしようと触ってみるとぶよぶよした感じになっていることが多いです。
特に、ふくらはぎのあたりはピンと筋肉が突っ張った感覚になります。

お風呂マッサージ

まず、水分を取りながらお風呂で半身浴ををして汗を流して血流を良くしようとします。
お風呂に入りながら、ふくらはぎからモモにかけてリンパを通すようにマッサージをするようにしています。

片足最低でも50回くらい撫でるくらいのやさしさで
ふくらはぎの裏、すね、太ももの横、裏、内またへとマッサージしていきます。

あとは膝裏にあるツボを何回か押したりもしています。

それで大体は良くなるのですが、どうしてもダメな場合はお風呂上りにストレッチをして
足を壁などにかけて高くして寝転んでみたり、足を上げてバタ足したりしています。

基本的にはその日の内にスッキリ解消されますが、翌日残ってしまっていることもたまにあります。

朝起きたとき靴下を履いてなにか足に違和感を感じたりすることは、酷い日の翌日に数回ありました。
何もしないよりはまだましでしたが、完全な状態ではないなという感覚です。

連日の立ち作業が続いてしまうと、積み重ねがあるためなのかあまり効果がなかったようにも思えます。
知恵袋にもむくみの解消法などが投稿されているので、色々と試してみたいと思います。