映画「容疑者Xの献身」…幾何学と関数だな

2016y09m06d_231254286

メインキャストはTVシリーズと全く同じで福山雅治を中心に柴咲コウ、北村一輝、真矢みき、品川祐、渡辺いっけいなどが脇を固め、松雪泰子、堤真一がゲストとして登場。
ただし、この作品をTVシリーズの延長として観ると微妙な違和感を覚えることになる。
TVシリーズは、人体発火現象や、幽体離脱などの超常現象がらみの事件を湯川が論理的に解決するという、まるで「怪奇大作戦」のような見どころがあった。
だが、映画版ではこのようなオカルト要素は全て排除され、タイトルにある「献身」という文字が示すように、一つの殺人事件を巡る一組の男女の結びつきを情感を込めて描いた作品になっているからだ。
「容疑者Xの献身」はいうまでもなく本格ミステリーのカテゴリーに含まれる作品なので、ネタバレは一切厳禁なのだが、俗にいう「倒叙もの」といわれるスタイルを取っているので犯人は冒頭すぐにあかされる。
したがってこれ以降のストーリー展開は犯人とその協力者(松雪泰子と堤真一)が仕掛けた事件隠蔽のトリックを名探偵である湯川がいかに打ち破っていくかが見どころとなる。
堤真一演じる石神は湯川の大学時代の旧友であり、湯川が唯一認めた天才という設定。 AGICAの口コミを読んでみても物理学的に体臭を消す効果がありそうだ。
いつもは論理的思考のドライな湯川も、今回は事件と旧友との板挟みになって結構ウジウジとお悩みのご様子で、そんなウエットなガリレオ先生の知られざる一面が見れるのもお楽しみかも。
そして最後に湯川が看破するトリックは、さすが「このミス1位」だけあってなかなか見事なものだった。

コメントを残す