睡眠時歯ぎしり問題

081807
睡眠時の悩みで真っ先に思い浮かぶのは歯ぎしりです。昔からよく周囲の人たちから指摘されてきました。ご経験ある方なら共感して頂けると思うのですが、嫌なものですよね。1度指摘されると暫くへこみます。旅行やお泊まり、怖くなります。なので暫くそういった人と寝なきゃいけない状況を避けてきました。しかし、先日久しぶりに出来た彼氏とついにお泊まり!となってしまい、その翌朝、「歯ぎしりすごいよ?マウスピース使ったら?」と真顔で心配されました。きゃあ!恥ずかしさと気まづさで穴があったら入りたいとはこのことかと、今まで軽視してきた”睡眠時歯ぎしり問題”が一気に私の中での最重要課題に登り詰めました。どうしよう。取り敢えずネットで”睡眠時 歯ぎしり”と検索してみると主な原因はストレスと書かれていました。しかし個人的に何でもかんでもストレスのせいだとされるのが最早ストレスなのでストレス以外の要因を探りました。ストレス以外では、歯の噛み合わせが悪い・過剰なアルコールと喫煙とありました。私はお酒に弱いので過剰なアルコールではないですが、歯並びは最悪です。きっと噛み合わせも最悪でしょう。タバコも吸います。きっとこの2点です。原因発見です。予防策としてはマウスピースをつける・歯医者さんに相談するとありました。歯医者さん…親知らずを抜け抜けと催促されるので最近足が遠のいてます。かといってマウスピースをつけて寝るのもなんだか嫌です。ちょっぴり憂鬱ですが、餅は餅屋ですよね。今度のお休み、久しぶりに歯医者さんの顔を拝みに行こうと思います。

コメントを残す